BLOG医院ブログ

levator complex resectionについて

今日もよろしくお願いします。

 

何故かなかなか痩せない菊地です。何故なのでしょうか。皆目不明です。誰かわかったら教えて下さい。

さてみんな大好き美味しい美味しい餃子の話です。

↑千葉県君津市小糸という地域の名産の餃子です。

 

 

小糸という地域は都内から僕の住んでいる鴨川市に車で向かう途中に通る地域です。自分はてっきり町の名前かと思っていたら違うようです。以下Wiki大先生の引用です。

 

小糸町(こいとまち)とは、千葉県君津郡にかつて存在した町である。現在の君津市の中部に位置している。

現在の房総スカイラインの沿線に当たり、東京湾アクアライン経由で東京都鴨川市方面を結ぶルートとなっている地域である。君津市立小糸中学校などにその名をとどめている。

 

「かつて存在した」とか「その名をとどめている」とかなんとなくカッコいいですね。「幻の大地」みたいです。

 

そこに「なごみ味噌」という商品があります。

なごみ味噌は、君津市小糸川流域で守り育てられてきた幻の大豆「小糸在来(R)」を原料に、君津産コシヒカリで作った米麹を加え樽詰めで熟成させた味噌です。

 

 

今回紹介した餃子は餡になごみ味噌を使用し、メインの具としてサバやレンコンが入っています。個人的にはレンコン餃子の方が好きです!味噌味の餡にレンコンのシャキシャキ食感がたまらない商品となっております。僕は冷蔵庫に常に備蓄しております。

 

なごみの里君津農産物直売所(千葉県君津市大井126)というところで売っております。生憎オンラインでは売ってないようです…。遠いかと思いますが、もし車で鴨川シーワールドなどに行かれる用事があれば通り道ですので寄ってみて下さい。個人的には冷凍餃子トップ3には入ります。

 

 

 

 

さて本日はlevator complex resectionについてです。

先日執刀させていただきました!感謝感謝です。新しい経験がどんどんできて血沸き肉踊ります。

 

当院はaponeurosisを主体とした眼瞼下垂手術をしております。実際にやってみてほっとんどの人はそれで問題ないのですが、術前のlevator functionが正常範囲でも一部どうしても上がらない人がいます。

その場合Muller筋も併用したcomplexの前転が必要になります。

以前ブログで紹介したtuckingを併用する方法もありますが、今回はcomplex resectionについて述べます。

 

瞼板までアプローチは割愛しますが、瞼板からaponeurosisを切離し、Muller筋を露出できたらMuller筋と瞼板を切離します。

Mullerは支配神経が異なるため、結膜とMullerの間にしっかりと麻酔します。

Mullerと結膜は疎な結合組織で結合しているため、ジョキジョキ切らずに鈍的剥離でスルスル剥離できます。

(ちなみにresection施行歴のある症例ではapoと結膜が癒着しており、鈍的剥離だと結膜に穴が開きますのでご留意を…)

Mullerの血管走行は横で、結膜は縦なのでメルクマールになります。

Mullerと結膜を剥離することが開瞼抵抗の減弱につながるのでしっかり剥離し、complexを一塊にして瞼板に固定します。

complexを寄せるのは抵抗が強いため、水平マットレス縫合で適宜5-0シルクを使った方が前転しやすいです。

(※この時にどうしても前転が足りなければ、complexの先端を少し切除すれば上がる時があるようです!)

 

そしてこれだけ前転すると結構閉瞼仕切らないことがあります。

臥位ということと眼輪筋が麻痺しているということから、眼瞼を押し下げて閉瞼できれば大丈夫です。

 

仕上がりが楽しみです!

 

 

本日は以上です!!最近眼形成の内容よりもご飯の内容が濃くなってきて複雑な気持ちです!

今日もありがとうございました!!

関連記事

著者情報

菊地 良

Ryo Kikuchi

経 歴

2016年 弘前大学医学部 卒業
2016年 青森県むつ総合病院初期研修医
2018年 亀田総合病院 眼科 常勤
2020年 オキュロフェイシャルクリニック東京
2020年 新前橋かしま眼科形成外科クリニック
2024年 まぶたとなみだのクリニック 院長
診療時間
8:15〜17:15 - -

[休診日]月曜・日曜・祝日
※当院の診療は完全予約制になります。

診療日カレンダーを開く
アクセス
〒260-0015
千葉県千葉市中央区富士見1丁目1−13 JS Bldg 6階
  • JR千葉駅から徒歩6分
  • 京成千葉駅から徒歩6分
GoogleMapを開く
地図